土台ステンレス板の厚さも変更可能

マンション表札の購入を検討されている方に朗報です!
土台ステンレスプレートのサイズ変更はもちろん、厚さも変更が可能です!!
既存のプレートと同じ厚さで制作いたしますので、ご安心ください。
厚さは、0.8mm、1mm、1.5mm、2mm、3mmからご選択いただけます。
特にご指定がない場合は、2mmで承っております。
なお、土台プレートに「アクリル板」をご希望の場合は「3mm」のみとなります。
ご不明な点がある場合は、お気軽にお問合せください。

マンション表札のご購入はこちら>>

軽量なアルミ表札は貼付け可能

アルミ表札は「鎚目(叩き)無し」に限り、直接壁に貼り付けて取り付けることができます。
軽量なため、強力な接着剤や両面テープでの取付が可能です。
直貼りする場合は、裏面がフラットな場合に限りますので、
ステンドグラスやガラス玉、パワーストーン付きは対応できません。
また、表札の後ろにステンレス板を付け、壁に貼る方法もございます。
穴を開けずに取り付けたい方にオススメです。

軽量だけど重厚感のあるアルミ表札のご購入はコチラ>>

ガラス表札の穴の位置・大きさは変更可能

機能門柱に開いている穴を利用して取り付けたい。
中古住宅で前の表札が付いていた穴を利用したい。
など、穴を開けて取り付けるのではなく、既に開いている穴を利用して取り付けたい方に朗報です!
ガラス表札は、オプションで穴位置や穴の大きさの変更が対応可能です。
ご注文時にご連絡いただければ、対応させていただきます♪
取り付け方が心配な方は、一度お問い合わせ下さい。

表札のことなら表札1.comにお任せ下さい!

マンション表札の取付方法は種類が豊富

両面テープはもちろん、磁石やボルト付きなど、種類豊富な取付方法をご用意しております。
標準仕様の取付方法だけで、約9割のマンションに対応が可能です。
詳しい取付方法はコチラ>>
どの方法が良いかわからないときは、お気軽にお問い合わせください。

マンション表札のことなら表札1.comにお任せ下さい!

Q:「磁石に付けるタイプ」とはどんな取付方法ですか?

A.
表札の設置場所(つまり、壁など)に、磁石が付いている場合の取付方法です。
弊社では、通常は、表札の土台ステンレスプレートには磁石に付かないステンレス素材を
使用していますが、この取付方法では、
『磁石に付くステンレス素材』を使用します。

マンション表札のご購入はこちら>>

Q:なぜ、「はめ込み・スライドタイプ」の場合は、既存の表札プレートを送る必要があるのですか?

A.
表札の取付け箇所の造りによっては、
お作りする土台プレートのサイズの僅かな誤差でも、取付が出来ないことがあります。
既存の表札プレートを弊社まで送って頂ければ、弊社にてより正確に採寸をし、
同じサイズで表札の土台プレートをお作り致します。
なお、送って頂く際は、既存の表札プレートを取り付けた時に、
どの部分がどの位引っ掛かっていたかをご連絡下さい。
または、既存の表札プレートの隠れる部分に印を付けてから、弊社まで送って下さい。

※送料はお客様ご負担にてお願い致します。
※既存の表札プレートは、新しくお作りした表札と同梱でご返送させて頂きます。

マンション表札のご購入は表札1.comへ>>

Q:取り付け方法が載っているページはありますか?

A.
はい、ございます。
下記のページをご覧下さい。

マンション表札ガラスの取付方法

マンション表札手作りガラスII、手作りガラス「シュヴァルツ」の取付方法

マンション表札ステンレスレーザーカットの取付方法

マンション表札ステンレスレエッチングの取付方法

マンション表札ZM・EXタイプの取付方法

マンション表札vivianの取付方法

マンション表札なら表札1.comにお任せ下さい>>

Q:壁に取り付け作業をする時に、下穴は必要ですか?

A.
下穴があるほうが作業性がよく、穴位置もズレにくいでしょう。
まず小さい穴をあけ、それを徐々に大きくしていってください。
最初は細めのドリルの刃を使用し、
その後、同じ穴をもっと太いドリルの刃で大きくしてください。
ドリルで穴をあける前に、キリやポンチなどで壁に少し凹みを付けてガイドにすると、
ドリルの刃の先がずれにくく、穴あけ作業が楽になります。

表札を買うならここ!表札1.com