Q:壁に取り付け作業をする時に、下穴は必要ですか?

A.
下穴があるほうが作業性がよく、穴位置もズレにくいでしょう。
まず小さい穴をあけ、それを徐々に大きくしていってください。
最初は細めのドリルの刃を使用し、
その後、同じ穴をもっと太いドリルの刃で大きくしてください。
ドリルで穴をあける前に、キリやポンチなどで壁に少し凹みを付けてガイドにすると、
ドリルの刃の先がずれにくく、穴あけ作業が楽になります。

表札を買うならここ!表札1.com

Q:あける穴の直径は?

A.
表札の種類によって異なります。
ホームページの表札の取付方法の各ページでご確認頂けます。
(取付方法の説明書は表札と一緒にお送りします)
基本的には、壁等に埋め込むボルトの太さよりもやや大きな穴、となります。
あける穴の大きさに応じたドリルの刃をご用意ください。

表札のことなら表札1.comにお任せ下さい!

Q:ドリルの刃はどんなものが必要ですか?

A.
振動ドリル、回転ドリル、それぞれに専用のものをご用意ください。
あける穴の大きさに合うサイズで、壁等の素材に合ったものを選んでください。
壁には様々な種類がございますので、詳細はホームセンターの方にお訊ね下さい。
穴の大きさは、HPの表札の取付方法の各ページでご確認頂けます。
(取付方法の説明書は表札と一緒にお送りします)

表札のことなら表札1.comにお任せ下さい!

Q:どんな道具で壁に穴をあけるのですか?

A.
一般的な壁や、金属の板に穴をあけるには、電動ドリル、
コンクリートにあけるには、振動ドリルをご使用ください。
※電動ドリルは回転のみ、振動ドリルは回転に、叩く力が加わります。

尚、電動ドリルをお持ちでない場合は、ホームセンター等でご購入頂くか、レンタルしてください。
最近では、安価でレンタル可能なホームセンターも多いです。

表札のことなら表札1.comにお任せ下さい。

Q:表札の取付けをお願いできますか?

A.
弊社では、表札の取付け作業は行っておりませんので、
外構工事中の場合は、その外構業者様に依頼して頂くのがよいかと存じます。
なお、ご自分で取付けされるお客様も多数いらっしゃいます。
ただ、ご不安な場合は、日曜大工に慣れている方や工務店様、
便利屋さん等に依頼をして頂ければと存じます。

表札のことなら表札1.omにお任せ下さい!!