正しい表札の選び方 その5

正しい表札の選び方 その5
メンテナンス・アフターサービスの充実している所が良いと思います。

売ったらおしまい。
あとは知らん。
まだまだ多いのがネット販売です。

「だって、これだけ安いのだからアフターサービスは
 できるわけないですよ!」

「修理も出来ますが新品の方がお安く付きますよ~。」

確かにそういうこともあります。
そのケースも否定はしません。
物によると思います。
弊社商品でも
ガラス表札が割れたり欠けたものを
新品同様に修理と言われても
やはり無理なものは無理です。

でも金属系の表札なら可能な限り
アフターサービスをお受け致します。

何故かと言いますと
お客様が修理を依頼する理由は、
「お金がない」とか
「新品を買うのがもったいない」
という経済的理由だけでは無いと思うからです。

長年使ってきた愛着があるからこそ、
もっと長く使いたい。

長年我が家を見守ってくれた表札。

「御苦労さま。
 しばらく実家にでも帰ってゆっくりしてきてね。」

そういった思いでメンテナンスを依頼されることも
あるのではないでしょうか。

お客様にそう思って頂ける商品を作る。

それが、

”真のブランド力のある会社”

と言えるのではないでしょうか。

実際に表札をインターネットで売り始めてまだ5・6年です。
今のところメンテナンスの依頼は殆どありません。
そんなに簡単に壊れる商品でもないので、
それはそれで良いことです。

 10年後のある日、、

「以前そちらでアイアン表札を購入した鈴木(仮名)と申します。
 一度メンテナンスしてもらえませんか?」

と、

お客様から電話の1本でも入ったら
こんなに嬉しいことはないでしょう。

それは、

10年後も会社が存続し、

表札を作り続けている。

という事実。

それはお客様あってのこと、という事実。

綺麗事ではない。

間違いなくそう思えることでしょう。

だから、

喜んでメンテナンスさせて頂きます。

心をこめて。

安心と信頼のお店作りを目指します。

メンテナンス受付
リフレッシュシステムはこちら
https://www.hyosatsu1.com/fs/meister/refresh

表札専門店 表札1.com
https://www.hyosatsu1.com/

正しい表札の選び方 その4

正しい表札の選び方 その4
これはもう道義上の問題であり法令遵守です。
デザイン一つ一つに著作権というものが必ずあるということ。
そのデザインの著作権を無視するような行為は、
絶対に許されるものではありません。

著作権を遵守している表札店をお選びください。

こんな場合は違法です。
*A表札屋でデザインを作成したものをB表札屋へ
 持っていき、そのデザインの表札を制作させる。
*A表札屋のHPに載せてあるデザインをB表札屋に制作させる。
*その他HP・パンフレットにあるデータ等を許可なく使用する場合。

デザインは著作権がかならずあります。
違法コピーは絶対に許されません。

法律では、以下の様に定められています。
<著作権等の侵害者>
著作者人格権、著作権、出版権、実演家人格権又は
著作隣接権を侵害した者(119条1号)
3年以下 300万円以下 (法人は、1億円以下の罰金)

残念ながら、まだまだ著作権に関しては、
お客様の中にも軽く考えている方がまだまだ多いようです。

ここは法治国家の日本国です。
著作権侵害は盗人と同じです。

お客様もよくお考えください。
一生、自分の家を見守ってくれる表札。
家の顔といわれる表札が盗難品で飾られているとしたら、
そんな家庭に幸せが来る気がしませんよね。
気持ち悪いですよね。

<<当店の場合>>

お客様から提供されたデザインが著作権侵害にあたる
恐れのあるものは、いかなる場合でもお受けしません。

<詳細>
デザイン流用の禁止
著作権について下記URLで詳細を確認ください。

https://www.hyosatsu1.com/copy.html

最後に、
デザインは出来てしまえばそれだけのこと。
見たままといいますか、ああこんなもんか。
という場合もある。

でもそれを完成させるまでには、大変な時間と労力がつぎ込まれています。
一つ一つ心を込めて、お客様の喜ぶ顔を思い浮かべながら
精魂込めて作っています。
我社のデザインサンプル集を含め全ての表札は
そう言ったデザイナーの気持ちが入っています。

追伸
1:今回のタイトル「正しい表札の選び方」はお客様の立場に立ってより良い
  お買いものライフを楽しんで頂けることを目的としています。

2:他店を中傷・批判するものではありませんのでお間違いのない様、お願いします。

3:「正しい表札の選び方」はお客様の表札選びのマニアルとして常に改善・改良を
  加えていきます。

4:内容についてのご要望・ご意見・改善点・反対意見がございましたら、お客様でも、
  同業者様でもどなたでもメールをお願いします。
  そのご意見を参考に公平で分りやすい「正しい表札の選び方」にしていきたいと思います。

5:本ブログは日本国憲法を厳守します

表札のスペシャリスト 表札1.com
https://www.hyosatsu1.com/

正しい表札の選び方 その3

正しい表札の選び方 その3
当たり前のことですが、

綺麗な商品画像の商品をお選びください。

アップの商品画像を多く載せているところは自信の証です。

よほどの自信がなくてはできないことです。

綺麗な女優さんのアップの写真は魅力的ですね。
でも、もしすっぴんだったら、絶対にアップの写真は取らせないでしょう。
絶対無理ですね。

しかしインターネットの商品画像は全てすっぴんが基本です。
すっぴんで勝負します。
もし画像を修正して綺麗に写してあったら、
それこそ実物と違うということで
クレームの嵐になるでしょう。

勘違いしないでください。
写真を綺麗に撮る為の写真技術やphotoshopの
加工技術は勿論OKです。
良い商品をできる限り本物に近づけてお客様に
アピールすることは、テクニックです。
もちろんOK。
当たり前。
私の言ってるのは、
例えば、ガラス表札でしたら、表面のキズ、泡の具合、
透明度など実物と全く違うように
修正を加える。ということです。

何故、写真にこだわるかと言うと、
そもそもネット通販はクーリングオフの効かない
100%お客様自己責任の取引なのです。

しかも表札は注文を受けてから作る完全オーダーメイドです。
そのお客様のリスクを無くすために
店側でできることは全てやってあげたい。
その一つが丁寧な商品説明であり、
限りなく実物に近い写真の提供だと思うからです。

「表札はあくまでもすっぴんのアップで勝負」

追伸
1:今回のタイトル「正しい表札の選び方」はお客様の立場に立ってより良い
  お買いものライフを楽しんで頂けることを目的としています。

2:他店を中傷・批判するものではありませんのでお間違いのない様、お願いします。

3:「正しい表札の選び方」はお客様の表札選びのマニアルとして常に改善・改良を
  加えていきます。

4:内容についてのご要望・ご意見・改善点・反対意見がございましたら、お客様でも、
  同業者様でもどなたでもメールをお願いします。
  そのご意見を参考に公平で分りやすい「正しい表札の選び方」にしていきたいと思います。

5:本ブログは日本国憲法を厳守します

表札マイスター 表札1.com
https://www.hyosatsu1.com/