夏至 菖蒲華

夏至 二十九候 菖蒲華(あやめはなさく)

梅雨の菖蒲園
花が綺麗に咲いています。

所でアヤメとショウブの違い、
分かります?
ちなみにPCで漢字変換すると
アヤメは菖蒲。
ショウブは菖蒲。
なんと 同じです。

答えは、

ネット見ろよ、
でググって下さい。
失礼致しました。


金沢市花菖蒲園

花のデザインも豊富にあります表札1ドットコム

夏至  乃東枯

夏至 二十八候 乃東枯(なつかれくさかるる)

夏枯草、別名ウツボグサ
漢方の生薬に使われる薬草。
紫色の花が咲いた後のこの時期に枯れることから
夏枯草と言われる。
写真を撮るためにあちこち出かけましたが
残念ながら見つけることができませんでしたので
写真はありません。

夏至の初候ですが梅雨の真っただ中。
蒸し暑い日が続きます。

人気表札No1 表札1ドットコム

芒種 腐草為蛍

 芒種  二十六候 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)
枯れて雨に濡れて腐った草が蛍となって生き返る。
日本人らしい哀愁漂う言い伝えです。
因みに
古事記の神話によると
日本神話の女神であるイザナギのゲロ、尿、ウンチなどから神々が生まれ
日本列島が誕生したことになっています。
それに比べると
腐った草から蛍が生まれるなんて
なんとロマンチックな話ではありませんか。

白山市(旧鳥越村河原山)

表札マイスター本店表札1ドットコム

芒種 螳螂生

 芒種 二十五候 螳螂生(かまきりしょうず)
6月の雨に紫陽花が良く似合います。
その葉っぱにはカマキリの赤ちゃんや
カタツムリがインスタ映えするのですが
今回はシャッターチャンスが無かったです。


金沢市卯辰山
表札1ドットコム

小満 紅花栄

小満 二十三候 紅花栄(べにばなさかう)

べに花油、英語読みでサフラワー油。
ちょっと高めの食用油です。
ひまわりの種から作るサンフラワー油と間違えやすいです。
ちなみに我が家ではオリーブ油、ゴマ油とサフラワー油を使いわけています。
どう使い分けているかは私は知りませんが、、、。

家のスタイルに合わせた表札選び。表札1ドットコム

小満 蚕起食桑

小満 二十二候 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

昔の田舎はどこの家でも二階は蚕の飼育場となっていました。
私の生まれた当時はもう蚕はいませんでしたが、まだその名残はありました。
下の写真の様に二階へは梯子が掛けられ、竹で組まれた三階がありました。
子供心にも二階へ行くのはかなりの冒険でした。
ちなみに
裏玄関の土間に牛小屋があり農作業用の牛が一頭いたことを覚えています。
あ、それと鶏が2,3羽。
野良猫が一匹常駐で二階のネズミを追いかけていました。
昭和40年の頃の話です。

金沢市江戸村

表札1ドットコム